2011年03月05日

萩ユースホステル

 旧厚狭毛利家萩屋敷長屋の隣にあるのが「萩ユースホステル」です。だいぶ年期の入った建物ですが、江戸時代のお城を思わせる外観で、萩城跡の入口に位置し、武家屋敷散策などにも最適なロケーションです。もちろん電信柱なんかはありません。桜マークが2つということを考えると施設設備は最高とは言えないのかもしれませんが、外観写真をみてもわかる通り、萩にマッチした白壁のユースホステルです。

091212-41.jpg

 私が経営するユースホステルは、ペンション風であり、ペンション風のユースホステルは、徐々に増えてはいますが、全てがペンション風のユースホステルになったら味気ないし、萩の町にペンション風のユースホステルがあっても違和感を感じるでしょう。萩には萩ユースホステルの建物こそふさわしいと思います。

091212-42.jpg

 それに萩には、建築の規制があります。
 古い町並みを守るためです。
 だから、萩ユースホステルの近所を散歩するだけで
 心がときめきます。
 萩は、日本でも最も美しい街だからです。

091212-36.JPG

091212-35.JPG

091212-34.JPG

091212-33.JPG

091212-32.JPG


 萩ユースホステルは、萩ユースホステルでなければならないと私は、個人的に思っています。ユースホステルだけでなく、萩全体を感じてこそ価値があるのではないかと。萩城跡、武家屋敷、松下村塾、維新を動かした高杉晋作、木戸孝允、伊藤博文などの旧宅の史跡をめぐり。醜悪な看板も、電信柱も無い古い町を散歩する贅沢。こんな贅沢ができるのは、白壁の萩ユースホステルに泊まらないとだめです。

 お部屋は男女別の相部屋が基本ですが、家族やグループなどで一室を貸し切ることもできます。で、ここは、お客さん同士が気軽にふれあえます。なぜならば、ここに泊まる人は、歴史ファンだからです。そういう人たちは、郊外にある味も素っ気もない近代的なホテルなんかよりも、萩ユースホステルを撰ぶからです。あと、このユースホステルには、中庭があって、それが良い味を出しています。ここで、みんなで歴史を語ったりする。

091212-40.JPG

091212-39.JPG

食事は、こんな感じです。

091212-37.JPG

これは朝食。

091212-38.JPG


萩ユースホステル
〒758-0057 山口県萩市堀内109-22(萩城跡入り口)
TEL:0838-22-0733
FAX:0838-22-3558
収容数 68人

ホームページ
http://www.jyh.or.jp/yhguide/chugoku/hagi/index.html
http://japyha.com/page/hg.html

詳細地図
http://www.jyh.or.jp/yhguide/chugoku/hagi/map_g.html
http://www.mapion.co.jp/phonebook/M05008/35204/0838220733-001/
http://qrblog.com/easy_shop.php?id=f9995563

交通: JR山陰本線玉江駅から 徒歩15分 または山陽本線小郡、秋芳洞、津和野、青海島からバス いずれも萩バスセンター下車 西回りバス萩城跡入口下車(100円) 徒歩1分
車で 中国自動車道 美祢IC〜R490〜萩 または山口IC〜R262〜萩

施設: 鉄筋(’96年改修)。会議室、研修室。 休館: 1月16日〜2月9日


091212-31.JPG

091212-30.JPG


日本ユースホステル協会のサイトより
http://www.jyh.or.jp/yhguide/chugoku/hagi/index.html

 萩は毛利氏の城下町。今でも古地図を持って回れそうな町。萩城跡、武家屋敷、松下村塾、維新を動かした高杉晋作、木戸孝允、伊藤博文などの旧宅の史跡をめぐり、いろいろなコースに分かれて、歴史の町「萩」を満喫できます。手づくりコース、維新、城下町、歴史の道、美術館、菊ヶ浜海水浴場、萩焼、萩ガラス工房(見学・体験)、田舎などがあります。青海島まで電車で30分。
レンタサイクルは1日500円、時間以外でも荷物を預かります。

交通: JR山陰本線玉江駅から徒歩15分。
または山陽本線小郡駅、秋芳洞、津和野、青海島からバス、いずれも萩バスセンター下車。西回りバス萩城跡入口下車(100円)、徒歩1分。
車で…中国自動車道美祢IC〜R490〜萩。
または山口IC〜R262〜萩。

施設: 鉄筋(’96年改修)。会議室、研修室。 休館: 1月16日〜2月9日
チェックイン受付:16時〜22時(夕食予定者は19時まで)
チェックアウト受付:6時〜10時
posted by 北軽井沢YGHマネージャー at 11:11| 山口県のユースホステル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

萩ユースホステル

萩ユースホステル

日本ユースホステル協会の公式サイトを御覧ください

http://www.jyh.or.jp/index2fr.html

 桜マークが2つしかありません。2つということを考えると施設設備は最高とは言えないのかもしれませんが、外観写真をみてもわかる通り、萩にマッチした白壁のユースホステルです。

 筆者が経営するユースホステルは、ペンション風であり、ペンション風のユースホステルは、徐々に増えてはいますが、全てがペンション風のユースホステルになったら味気ないし、萩の町にペンション風のユースホステルがあっても違和感を感じるでしょう。萩には萩ユースホステルの建物こそふさわしいと思います。

 それに萩には、建築の規制があります。
 古い町並みを守るためです。
 だから、萩ユースホステルの近所を散歩するだけで
 心がときめきます。

 萩は、日本でも最も美しい街だからです。

 萩ユースホステルは、萩ユースホステルでなければならないと私は、個人的に思っています。ユースホステルだけでなく、萩全体を感じてこそ価値があるのではないかと。萩城跡、武家屋敷、松下村塾、維新を動かした高杉晋作、木戸孝允、伊藤博文などの旧宅の史跡をめぐり。

 醜悪な看板も、電信柱も無い古い町を散歩する贅沢。こんな贅沢ができるのは、白壁の萩ユースホステルに泊まらないとだめです。


〒758-0057 山口県萩市堀内109-22(萩城跡入り口)
TEL:0838-22-0733
FAX:0838-22-3558

収容数 68人
宿泊費 2940円
朝食525円
夕食945円
ビジター宿泊費は600円増し。

詳細地図
http://www.jyh.or.jp/yhguide/chugoku/hagi/map_g.html








posted by 北軽井沢YGHマネージャー at 16:09| 山口県のユースホステル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。