2011年03月10日

サロマ湖畔ユースホステル

サロマ湖ユースホステルと聞くと、私の胸はキュンとなります。
ここには思いでがいっぱいあるからです。


saroma-11.JPG


昔、このユースホステルでは、冬にサロマ湖が凍結すると、対岸まで歩いて渡るツアーがありましたが、あれは凄いツアーでした。寒いわ、風は強いわ、見渡す限りの氷原で何もないわで、死にそうになりましたが、今じゃ懐かしい思い出です。


00162294.jpg


夏には、ヘルパーさんに星空観察に連れて行ってもらいました。
それはもう素晴らしい星空で、旅仲間に星を解説してあげているとヘルパーさんが、
「どうせならみんなにも解説してあげてください」
とのこと。で、私が星を解説することになり、いつまでも星空を眺めていました。
この時は、3連泊だったので、星空はいつも私が解説しました。
そのたびに御客さんが感動してくれて
私も嬉しかった。

帰り際にヘルパーさんが
「毎日、星の解説ありがとう。明日から真似して私が解説します」
と言ってくれました。
なにか去りがたかった。

あの思いでがあったから、北軽井沢ブルーベリーYGHでも星空解説をやっているんですね。


saroma-31.jpg


実は、この近くには、人気の宿がいっぱいあって、サロマ湖畔ユースホステルは、苦戦していました。蟹が食べ放題だった『船長の船』とか『とほ宿さろまにあん』なんがあって、サロマ湖ユースホステルは、御客さんを盗られつつあったのですが、私はこのサロマ湖ユースホステルが大好きだった。そこに、何とも言えないぬくもりがあったからです。
私が泊まった20年前は、御茶会でビンゴ大会をやっていて、商品をもらったりしていました。
大規模な直営ユースホステルなのに、妙に温かいところがあったのは、サロマ湖という辺鄙な土地柄に位置しているからかもしれません。


saroma-30.JPG


ところで、このユースホステルは、簡素ながら設備の良いユースホステルです。
ちょっと写真でみてみてください。


saroma-02.JPG

saroma-03.JPG

saroma-04.JPG

saroma-05.JPG

saroma-09.JPG

saroma-10.JPG


あと、料理が美味しい。
海産物が美味しい。
ホタテとカボチャの季節は、とくに美味しい。
ここでホタテを食べると、回転寿司のホタテの味の無さを思い知らされます。
本物のホタテの味は、もっと濃厚なのですね。
ただし、シケでホタテ漁がない時や、当日予約の場合には、ホタテが出ないケースもあるので注意してください。


saroma-08.JPG

saroma-06.JPG




ユースホステル協会のサイトより

〒093-0423 北海道常呂郡佐呂間町浜佐呂間 サロマ湖畔 
電話:01587-6-2515
FAX:01587-6-2515
http://homepage3.nifty.com/saromakohan/
収容数 40人
宿泊費(会員) 3200円
個室料金設定あり
食事 朝食750円
夕食1250円
会員外宿泊費は600円増し。

サロマ湖が一望できる幌岩山からの展望、のどかなワッカ原生花園、牧歌的なキムアネップ岬のサンゴ草などは、観光俗化されていないありのままの道東の風景を今に残している。
内部の造りが重厚な白いYHは、森と湖に囲まれた静かな佇まいの中にあり、野鳥や小動物が訪れる。

saroma-13.JPG

saroma-12.JPG


交通: JR網走駅より「登呂・サロマ湖・栄浦方面」行き「栄浦」下車。パス停から送迎あり。前日までに要予約。
浜佐呂間より送迎有(要予約)。
車は女満別空港〜車で50〜60分。
紋別空港から70〜80分

施設: 鉄筋。
休館: 11月5日〜12月25日、7月8月9月を除く月2回の休館月あり
チェックイン受付:15時〜21時(夕食予定者は18時まで)





つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by 北軽井沢YGHマネージャー at 12:16| 北海道 道東のYH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

網走流氷の丘ユースホステル

馬喰一代 中山正男の故郷 番外編
網走流氷の丘ユースホステル


DSCF8986.JPG

DSCF8987.JPG


 馬喰一代 中山正男の故郷を調べている時、宿泊基地として網走流氷の丘ユースホステルに泊まってきました。なぜ、このユースホステルかと言いますと、他のユースホステルは全て休館中だったからです。11月末の平日でも休館しないとは。ここのマネージャーさんのやる気を感じます。

 実は、このユースホステルのマネージャーさんは、星のまきばユースホステル門下であり、私とは同門です。なので、知らない仲ではなかったのですが、今まで面識が無かったので、今回は覆面で泊まりました。普通の旅人として、ユースホステルマネージャーであることをばらしませんでした。さて、どんなユースホステルなんでしょうか?

 立地は網走駅から少し離れていますが、歩いて行けなくはなさそうです。
 2.5qくらいの距離でしょうか?
 駐車場は、かなり広いですから駐車スペースにも困りません。


DSCF8940.JPG


 ユースホステルの玄関は、こんな感じです。
 玄関を入って直ぐに
「まきばYHの形に似ている!」
と分かりました。逆に北軽井沢ブルーベリーYGHは、まきばYHと違うスタイルです。どこが違うかというと、出入り口のそばにフロントがあるか無いかです。まきばYHは、出入り口のそばにフロントがありました。その方が目が行き届くし御客さんとのコミュニケーションもしやすいんですね。昔のYHは、みんなこのスタイルです。逆に北軽井沢ブルーベリーYGHは、フロントが奥にあります。奥にあると、御客さんは気兼ねなく玄関の出入りが出来る。プライバシーを重視したスタイルです。


DSCF8936.JPG

DSCF8933.JPG

DSCF8931.JPG

DSCF8927.JPG


 これが室内。
 ユースホステルらしいつくりです。
 簡素なつくりながらも清潔なかんじです。


DSCF8937.JPG


 食堂。
 ユースホステルらしい清潔な感じですね。


DSCF8947.JPG


 そして夕食。
 豪華です。


DSCF8950.JPG


 カニ御飯。
 カニの味がほんのりと。


DSCF8955.JPG


 メインのタラバカニ。
 足が2本だけですが大きいです。
 すごく大きくてボリュームたっぷり!


DSCF8951.JPG


 なんとラーメン!
 つけ麺風のラーメンでした。


DSCF8971.JPG


 で、カレーまで。
 ラーメンとカレーが一緒に一緒にでてくるなんて!


DSCF8964.JPG


 ミルクで味付けされたカボチャ!
 そういえば、サロマ湖の名物がカボチャでした!
 土地土地のものを食べさせてくれるなんて感激!


DSCF8958.JPG


 ロールキャベツだ!
 大きいです!
 しかも手作り!
 赤いのはケチャップです。


DSCF8948.JPG


 で、特別料理プランが、これ!
 巨大毛ガニが丸ごとでてきました。
 すごい、すごすぎる。
 ここの特別料理は、かなりお得ですね。

DSCF8949.JPG


 ここに泊まるなら夕食は絶対にとるべきですね。
 逆に朝食は、質素でしたが、これは、まきばYHスタイルですね。
 私が、まきばYHでヘルパーしていたときも、こんな朝食を毎日作っていましたね。

DSCF8979.JPG

DSCF8980.JPG

DSCF8981.JPG


 お茶会も必ずあります。
 いろいろアドバイスしてくれます。
 そしてケーキもでてきました。
 美味しかった。
 あとペアレント(マネージャー)さんは、京都の人でしたね。
 ユースホステル界は、関西系の人が多いなあ。


DSCF8978.JPG


 あと、ここは、素晴らしい日の出がみれるユースホステルでもあります。


DSCF7547.JPG

DSCF7548.JPG


 ここで少し気になった点もありました。
 これほど御馳走に私は、目が点になり、
「すごい料理ですね」
「当たりですね」
 と、別の御客さんに話しかけたのですが、
 その御客さんは、
「そうでもない」
 というそぶりでした。

 ここの夕食は、税込み1050円です。
 1050円で、これだけ出されたら私なんかはビックリです。
 カレーなんかは、いくらでもおかわりできたし、
 文句ないと思いました。
 けれど、他の御客さんは、
 不満そうではなかったのですが、
 驚いてるふうでもなかった。

 私は、宿屋だから、これでは赤字ギリギリであることがよくわかります。
 すごく頑張っている。
 まあ、凝った高級料理を作っているというわけではないですが、
 腹をすかせた、貧乏で若い人なら大喜びしそうなボリュームはありました。

 しかし、御客さんの主流は中高年であるために
 それが、その日に一緒に泊まった中高年の御客さんに
 そのまま評価されていないのが残念でした。
 これも時代の移り変わりでしょうか?

 でも私は、素直に「すごい」と感動しました。
 だから、こうしてブログに詳しくupしています。

DSCF8984.JPG

DSCF7549.JPG
 
つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by 北軽井沢YGHマネージャー at 21:19| 北海道 道東のYH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月30日

屈斜路湖原野YGH(ユースゲストハウス)

屈斜路湖原野YGH(ユースゲストハウス)

 ユースゲストハウスといっても、いろいろあります。ビジネスホテルタイプのものもあれば、アットホーム系タイプのユースゲストハウスもあります。それらをユースゲストハウスと一括りにするのは抵抗があるのですが、屈斜路湖原野YGH(ユースゲストハウス)が、どんなユースゲストハウスかと言いますと、アットホーム系タイプの宿でしょう。

 ここのマネージャーは、インターネットに詳しい方で、日本ユースホステル協会や北海道ユースホステル協会のサイトの運営を手伝っているくらいです。日本ユースホステル界の陰の広報マンといっても良いかと思います。最近は、たびたび君という面白い仕掛けをはじめています。


【たびたび君】




 まあ、こんな仕掛けを思いつき実行するくらいですから、とても社交的でユニークな方です。しかも、料亭やホテルで和食の修行をつんでいるマネージャーであるために、食事がとても美味しいと評判です。ユースホステルで本格的に修行した板前さんの料理を食べられるなんて、時代もかわったものです。そういえば、何年か前に、屈斜路湖原野YGH(ユースゲストハウス)の料理が、ISIZE(リクルートじゃらんのサイト)で人気投票北海道3位を獲得したこともありました。私の記憶が間違いでなかったら。

 残念ながら私は、まだ泊まったことがないので、マネージャーは個人的に知ってはいても、宿の評価は、評判でしか判断しようがないのですが、少なくとも悪い評判は聞いたことがありません。そして、天然温泉100%掛け流し、24時間いつでも入浴可能!という豪華さ。

 また、屈斜路湖原野YGH(ユースゲストハウス)のユニークなところは、その建物にあるかもしれません。建築デザイナー荒木毅氏がロマネスクの教会堂をモチーフに自由な発想で作り上げた、その外観は、感動的でさえあります。内部の1階は食堂、2階は吹き抜けの周囲にギャラリーが巡り、ギャラリーには客室が配置されています。この構造だと、普通の家屋敷の何割増しかの柱と壁が必用になってきますから、お金を惜しまず建築したことがよくわかります。また、床がフローリングであるために、ホコリやハウスダストにやられることも少ないことでしょ
う。


【美幌峠・屈斜路湖】



〒088-3341 北海道川上郡弟子屈町字屈斜路原野443-1
TEL:015-484-2609
FAX:015-484-2609

収容数 28人
宿泊費 3700円
個室料金4,200円
朝食600円
夕食1300円
特別料理 1500円〜
入湯税150円
ビジター宿泊費は600円増し。

ホームページ
http://www.gogogenya.com/mokuzi.htm

詳細地図
http://www.jyh.or.jp/yhguide/hokaido/kussharo/map_g.html

屈斜路湖の観光
http://www.town.teshikaga.hokkaido.jp/guidemap_map.html


原始の姿を残す湖「屈斜路湖」その湖を見下す原野にYGHがあります。Y様々な体験企画、モダンな造りの施設、板前さんの手がける食事、屈斜路湖周辺の露天風呂、どれをとっても満足していただけること間違いなし!また、東北海道の中心に位置しているので、摩周湖、知床、釧路湿原、阿寒などへの移動や日帰り観光にも大変便利です。
posted by 北軽井沢YGHマネージャー at 00:01| 北海道 道東のYH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。