2009年10月24日

あすけ里山ユースホステル

あすけ里山ユースホステル

■独断と偏見の紹介
 山の上の木造小学校を改装したユースホステルと聞いていたのですが、新築同様の建物で驚かされました。かたちこそは、小学校の姿ですが、中身は高級旅館とかわりません。料理も美味しく、高級料亭で食べているのかなと錯覚させてくれます。皿も、こだわりの皿を使っており、食堂のテーブルさえも、無垢の木を使った一枚板で、ここにも、こだわりを見せてくれます。泊まった人を裏切らない宿だと思います。もちろん日本ユースホステル協会の評価も四つ星



 そのうえ嬉しいことに、観光地としての足助の素晴らしさがあります。まるで飛騨高山にいるような雰囲気を漂わせている足助の山村は、古き良き昔の日本が、そのまま残っています。一度は訪ねてみたいところですね。









■公式サイトより
 当ユースホステルは、山の上の木造小学校を改装し、外観はそのままに内装は温もりを感じさせる地元の杉や桧を使って木の香りを大切にしています。小さなグランドには、懐かしいブランコや鉄棒も有りますよ。
 私たちは、豊かな田舎暮らしを求めて、平成10年にこの椿立地区で宿を始めました。ここでは、皆さんに四季折々の自然体験や、地元の方たちを講師とした手仕事(藍染め・紙漉など)・山仕事のお手伝い(間伐)のワークショップまた、地元で行う盆踊りなどの参加を通して田舎の良さを知って頂ければ幸いです。



■日本ユースホステル協会サイトより
 足助の街は中馬街道(飯田街道)が通り、今でも古い街並みが残っている。近くには香嵐渓という紅葉の名所があり、その一角に昔の生活文化(炭焼・紙漉きなど)を伝える足助屋敷や足助城など、季節を通じて楽しめる所。YHは山の上の木造小学校を改修し、外観はそのままに内装は温もりを感じさせる杉桧を使っている。早春のカタクリの花、初夏のホタル、晩秋の紅葉の見学会など。山里ならではの炭焼きや山仕事の体験なども出来る。

交通: 名鉄本線東岡崎駅 名鉄バス足助行き1時間10分 終点下車 徒歩4km
愛環鉄道四郷駅バス百年草行44分――名鉄猿投駅経由終点下車 徒歩3km
送迎有(前日までに要予約)

施設: 旧木造小学校校舎(’98年改築)。グランドあり。車椅子の方用トイレあり。 休館: 臨時休館あり






〒444-2419 愛知県豊田市椿立町坂27-2
TEL:0565-62-2462
FAX:0565-62-2462
収容数 24人

ホームページ
http://www.ne.jp/asahi/asuke/satoyamayh/
http://www.jyh.or.jp/yhguide/toukai/asuke/index.html
http://www.mapple.net/spots/G02300034205.htm
http://www.toyotashi-town.com/review/tl000645/

詳細地図
http://www.jyh.or.jp/yhguide/toukai/asuke/map_g.html
http://www.mapion.co.jp/phonebook/M05008/23211/0565622462-001/

交通: 名鉄本線東岡崎駅 名鉄バス足助行き1時間10分 終点下車 徒歩4km
愛環鉄道四郷駅バス百年草行44分――名鉄猿投駅経由終点下車 徒歩3km
送迎有(前日までに要予約)

施設: 旧木造小学校校舎(’98年改築)。グランドあり。車椅子の方用トイレあり。





posted by 北軽井沢YGHマネージャー at 21:49| 愛知県のユースホステル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。